FC2ブログ

T-SH7706LANのDebian化 プラスアルファ

組み込み初心者の管理人がT-SH7706LANのDebian化の軌跡とだらだら綴るブログです

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インストール

準備も整ってきたので作戦を実行に移すときが来ました
とりあえずまぁ目的のブツがあるか探してみると

# apt-cache search imap

//省略

courier-base - Courier Mail Server - Base system
courier-imap - Courier Mail Server - IMAP server

//省略

あった、のでありがたく使わせていただくとします。

# apt-get install courier-imap

//省略

インストール完了。

自動起動するようになっているか確認。
(後で知ったことだがDebianは入っているものは使うというポリシーらしいから当然自動起動するようになっている)
# /etc/rc2.d/S
S10sysklogd S20courier-imap S99rmnologin
S11klogd S20inetd S99stop-bootlogd
S14ppp S20makedev
S20courier-authdaemon S89atd


んでもってfetchmailを入れると。

# apt-get install fetchmail

//省略

ここも問題なくクリア。

いまのrc.dの中の状態

# ls /etc/rc2.d/S
S10sysklogd S20courier-imap S99fetchmail
S11klogd S20inetd S99rmnologin
S14ppp S20makedev S99stop-bootlogd
S20courier-authdaemon S89atd


とりあえず再起動っと。

# poweroff


現在のブートログはこんな感じ


mlinux loading..............................................................................................................................................
Linux version 2.6.12 (root@localhost.localdomain) (gcc version 3.4.5) #6 Mon Oct 9 03:18:06 JST 2006
Built 1 zonelists
Kernel command line: mem=8M console=ttySC1,115200 root=/dev/shmmc2
PID hash table entries: 64 (order: 6, 1024 bytes)
CPU clock: 128.00MHz
Bus clock: 64.00MHz
Module clock: 32.00MHz
Interval = 80000
Console: colour dummy device 80x25
Dentry cache hash table entries: 2048 (order: 1, 8192 bytes)
Inode-cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes)
Memory: 6144k/8192k available (1555k kernel code, 2024k reserved, 199k data, 72k init)
Mount-cache hash table entries: 512
CPU: SH7706
NET: Registered protocol family 16
SH Virtual Bus initialized
SuperH SCI(F) driver initialized
ttySC0 at MMIO 0xfffffe80 (irq = 25) is a sci
ttySC1 at MMIO 0xa4000150 (irq = 59) is a scif
io scheduler noop registered
io scheduler anticipatory registered
RAMDISK driver initialized: 16 RAM disks of 8192K size 1024 blocksize
loop: loaded (max 8 devices)
nbd: registered device at major 43
Ethernet Channel Bonding Driver: v2.6.1 (October 29, 2004)
bonding: Warning: either miimon or arp_interval and arp_ip_target module parameters must be specified, otherwise bonding will not detect link failures! see bonding.txt for details.
ne.c:v1.10 9/23/94 Donald Becker (becker@scyld.com)
Last modified Nov 1, 2000 by Paul Gortmaker
NE*000 ethercard probe at 0x300: 00 18 5f 00 00 01
eth0: NE2000 found at 0x300, using IRQ 34.
Equalizer2002: Simon Janes (simon@ncm.com) and David S. Miller (davem@redhat.com)
tun: Universal TUN/TAP device driver, 1.6
tun: (C) 1999-2004 Max Krasnyansky
mice: PS/2 mouse device common for all mice
SH_MMC : MMC Reset OK.
shmmc: shmmc1 shmmc2 shmmc3
SH_MMC : 1967616Kbyte 1024 blocksize
NET: Registered protocol family 2
IP: routing cache hash table of 512 buckets, 4Kbytes
TCP established hash table entries: 512 (order: 0, 4096 bytes)
TCP bind hash table entries: 512 (order: -1, 2048 bytes)
TCP: Hash tables configured (established 512 bind 512)
NET: Registered protocol family 1
NET: Registered protocol family 17
NET: Registered protocol family 15
kjournald starting. Commit interval 5 seconds
EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.
VFS: Mounted root (ext3 filesystem) readonly.
Freeing unused kernel memory: 72k freed
INIT: version 2.86 booting
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on tmpfs,
missing codepage or other error
In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so

Activating swap.
Adding 197956k swap on /dev/shmmc3. Priority:-1 extents:1
EXT3 FS on shmmc2, internal journal
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on tmpfs,
missing codepage or other error
In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so

Cannot access the Hardware Clock via any known method.
Use the --debug option to see the details of our search for an access method.
System time was Wed Mar 29 05:41:15 UTC 2000.
Setting the System Clock using the Hardware Clock as reference...
Cannot access the Hardware Clock via any known method.
Use the --debug option to see the details of our search for an access method.
System Clock set. System local time is now Wed Mar 29 14:41:15 JST 2000.
Cleaning up ifupdown...done.
Not running depmod because /lib/modules/2.6.12/ is not writeable.
Loading modules...
All modules loaded.
FATAL: Could not load /lib/modules/2.6.12/modules.dep: No such file or directory
Checking all file systems...
fsck 1.37 (21-Mar-2005)
Setting kernel variables ...
... done.
Mounting local filesystems...
Cleaning /tmp /var/run /var/lock.
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on tmpfs,
missing codepage or other error
In some cases useful info is found in syslog - try
dmesg | tail or so

Running 0dns-down to make sure resolv.conf is ok...done.
Setting up networking...done.
Setting up IP spoofing protection: FAILED.
Configuring network interfaces...done.

Setting the System Clock using the Hardware Clock as reference...
Cannot access the Hardware Clock via any known method.
Use the --debug option to see the details of our search for an access method.
System Clock set. Local time: Wed Mar 29 14:41:48 JST 2000

Initializing random number generator...done.
INIT: Entering runlevel: 2
Starting system log daemon: syslogd.
Starting kernel log daemon: klogd.
Starting Courier authdaemon: done.
Starting Courier IMAP server: imapd.
Starting internet superserver: inetd.
Starting deferred execution scheduler: atd.

Debian GNU/Linux 3.1 ultracat2 ttySC1

ultracat2 login:


一部エラーでてるけどキニシナイ

メモリはこんな感じ

# free
total used free shared buffers cached
Mem: 6240 5664 576 0 424 2524
-/+ buffers/cache: 2716 3524
Swap: 197956 0 197956


メール用のディレクトリがないので作成

# maildirmake Maildir



# su - l03053
$ cd
$ maildirmake Maildir
スポンサーサイト

一般ユーザの再生成

以前SDカードに別のマシンから無理やり作ったユーザとホームディレクトリをしてみた
とりあえず削除するためSDカードを差込み起動
そして削除

# userdel -r l03053

んでもって作り直し

# useradd l03053
# passwd l03053
Enter new UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: password updated successfully

そしてログインしてみる

# su - l03053
No directory, logging in with HOME=/

え?ディレクトリねーってさ。何で?

と、確認してみると

$ pwd
/

え?ココドコ?ルートデスカ。

# ls -al /home
total 8
drwxrwsr-x 2 root staff 4096 Sep 5 2005 .
drwxr-xr-x 21 root root 4096 Feb 5 23:46 ..

うん、ねぇ。。。
んじゃ自分でつくっかねぇ

$ exit
logout
# mkdir /home/l03053
# ls /home
l03053

できたできた。

んでもって所有者変更

# chown l03053:l03053 /home/l03053
chown: `l03053:l03053': invalid group

ん?グループない?
/etc/groupを確認してみると

# cat /etc/group

確かにない
んじゃ、グループはどうなってるのよと/etc/passwdも見てみる

# cat /etc/passwd

l03053:passwd:1000:100::/home/l03053:

100だそうだ

# cat /etc/group
users:*:100:

だそうなので

# chown l03053:users /home/l03053
# su -
# su - l03053
$
$ pwd
/home/l03053

うん、問題なし

あとあと気づいたんだけどログインシェルも設定されていないので/etc/passwdに書き込んでおいた

l03053:passwd/:1000:100::/home/l03053:/bin/bash


まとめるとuseraddがホームディレクトリを作らない、groupにユーザー名と同じグループを作らない、ログインシェルを設定しない

とりあえず

一通り動くようになったので後はapt-getを使ってCyrusを入れて動かす予定

11日から更新がないのはSDカードのバックアップやその他の用途で使用していたマシンがSSHで繋げなくなるなどの不調に見舞われたため再インストールやバックアップをしていたためです

あー、眠い

aptの設定

さて、現在Debian化やLinuxの自動起動などは終わっており
起動をすればそれなりに動く状態だ。

だがDebian化の目玉であるapt-getの利用ができていない、
利用しようとすると

# apt-get update
E: Opening /etc/apt/sources.list - ifstream::ifstream (2 No such file or directory)

と出る。
/etc/apt/sources.list というファイルがねぇ、叱られてしまったのでファイルをとりあえず作る。

# vi /etc/apt/sources.list

で中身を適当に書いて再度実行

# apt-get update
E: Type 'abc' is not known on line 1 in source list /etc/apt/sources.list

と今度は出る、そこで/etc/apt/sources.listについて調べると

どこからパッケージを取得するかを設定するファイルだそうだ。

じゃあアドレスが必要なのかということでベースファイルのあったシリコンリナックスから探すと

deb http://www.si-linux.co.jp/pub/debian-sh/ sarge main non-free contrib

と書き込めばいいそうだ。
そして

# apt-get update
# apt-get upgrade

を実行し一服。

テーマ:検索エンジン - ジャンル:コンピュータ

バックアップ

T-SH37706LANに入れているSDカードのバックアップをほかのマシンにつないで行っているのだが
tarやcpを使ってバックアップするのは問題ないが
ddでバックアップをするとアクセスランプが付きっぱなしになってしまう、、何故だろ?

 | HOME |  »

FC2Ad

 

プロフィール

いじる人

Author:いじる人
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。